スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【風】未成年喫煙 安価に問題あり(産経新聞)

 ちょっと違う視点からたばこ増税に賛成するご意見をいただいた。67歳の男性からのファクスだ。

 《喫煙の低年齢化が社会問題となってから、タスポ(成人識別カード)を導入しました。でも抜け道だらけで、男女問わず若年層の喫煙を見かけます。小遣い程度で買える値段の設定に問題があるのではと思い、増税で吸うのをあきらめさせては、と思います》

 言うまでもなく、未成年の喫煙は違法だ。明治33年に施行された未成年者喫煙禁止法によって、満20歳に至っていない者はたばこを吸ってはいけない、と規定されている。

 にもかかわらず、未成年の喫煙はなかなか減らないようだ。

 製薬会社のファイザーが1月に行ったインターネット調査によると、20代の喫煙者千人のうち、高校卒業までにたばこを吸い始めた人が45・9%(459人)と半数近くに上った。きっかけは若年層らしく「友達に勧められたから」が50・9%で最も多く、「かっこいいと思ったから」も23・5%。一方で、社会人のような「ストレス解消になると思ったから」という回答も2番目に多く、30・2%にのぼった。

 喫煙のきっかけは子供たち自身の問題かもしれないが、実際にたばこを吸うには、大人が深く関与しているのが実態だ。

 昨年8月には、17歳の息子にタスポを貸して喫煙を容認したとして、岩手県の男性が書類送検された。同年4月には、タスポ導入で売り上げが減って困っていたというたばこ店経営者が、中学1年の男子生徒にたばこを販売したとして同じく書類送検されている。

 厚生労働省のホームページによると、喫煙開始年齢が早いほど肺がんでの死亡リスクは高く、15~19歳に吸い始めた人は非喫煙者の5・5倍との研究報告もあるという。

 別の読者のメールも同じ立場から、1箱400円では安いと指摘している。

 《未成年が手を出しにくくなるし、高価な物だと1本あげるという形で未成年に譲る親が少なくなる。金額的には1箱千円以上が望ましい》(真)

<死体遺棄容疑>京都の講師殺人 新たに37歳の男を逮捕(毎日新聞)
首相、普天間飛行場の継続使用は容認せず(産経新聞)
「小沢独裁と闘う」自民党大会で谷垣総裁(読売新聞)
千葉に猪口元少子化相=参院選で7人公認-自民(時事通信)
陸山会 小沢氏団体から13億円 04~05年不記載(毎日新聞)
スポンサーサイト

春の訪れ、早めか=気象庁3カ月予報(時事通信)

 気象庁は25日、2~4月の3カ月予報を発表した。3月の気温は全国的に平年並みか高いと予想され、春の暖かくなる時期が若干早い見込み。12月からこれまでは、気温の変動が大きかったが、2月までの冬季全体としては暖冬傾向という。
 しかし、北日本(北海道と東北)が寒気の影響を受けたり、低気圧が日本付近を通過して、太平洋側で雪が降ったりする可能性もある。北日本の日本海側の降雪量は平年並みの見込み。
 【2月】北日本の日本海側は平年同様に曇りや雪、雨の日が多く、太平洋側は晴れの日が多い。東日本の日本海側は平年より曇りや雪、雨の日が少なく、東日本の太平洋側と西日本は多い。沖縄・奄美は平年より曇りや雨の日が多い。
 【3月】天気は数日周期で変わる。北日本の日本海側は、平年より曇りや雨、雪の日が多い。東日本の太平洋側と西日本、沖縄・奄美は、曇りや雨の日が多い。
 【4月】天気は数日周期で変わる。 

【関連ニュース】
時事ドットコム天気予報・関東甲信越の天気
時事ドットコム天気予報・東北地方の天気
時事ドットコム天気予報・北海道の天気
時事ドットコム天気予報・東海地方の天気
時事ドットコム天気予報・近畿地方の天気

防戦・失言ずさん国会 自民攻勢「野党ボケだ」(産経新聞)
<原口総務相>小沢氏の参考人招致「必要だ」(毎日新聞)
政権に打撃、小沢幹事長の進退焦点に(読売新聞)
<公設秘書>兼職禁止、95人が抵触…公明党の富田議員指摘(毎日新聞)
臨時接種に「2類」創設へ=弱毒性新型インフルに対応-厚労省審議会(時事通信)

<電気カーペット>パナソニック電工製で焼損事故 リコール(毎日新聞)

 経済産業省は25日、松下電工(現パナソニック電工)製電気カーペットのコントローラー部分が焼損する事故が8件あったと発表した。けが人はいない。同社は対象製品約116万枚について、リコール(無償交換)を実施する。

 経産省と同社によると、昨年6月、千葉県内で製品を使用中にコントローラーの表面などが溶け、床が焦げる事故があった。同様の焼損事故が7件あり、いずれもコントローラー内の回路に設計ミスがあったためにショートし、異常発熱したのが原因とみられるという。

 対象製品は92年2月~05年3月に製造された「ホットカーペ ゆかピタ」「ホッと畳」などナショナル松下電工ブランドで販売された7製品90機種(計約115万枚)と、93年2月~95年12月に製造され「コープこうべ」と「大阪北生活協同組合」で販売されたコープブランドの5機種(EC-8233やEC-2334など計1万枚)。

 問い合わせは同社(0120・550・703)。

【関連ニュース】
派遣切り争議:提訴の女性、パナ電工と和解 地裁郡山支部
パナソニック:持ち替え不要 前も後ろもとがったアイロン
パナソニック:先行サムスン追い上げの構え
パナソニック:「環境革新企業」目指す…10年度経営方針
パナソニック:Skypeと提携 テレビ電話可能機種発売

法的責任なら小沢氏進退も=民主・輿石氏「その時点で対応」(時事通信)
<特別背任容疑>元中京銀行支店長ら2人逮捕(毎日新聞)
<野良猫>競輪場バンクに侵入 対応に苦慮(毎日新聞)
<ボンバルディア機>伊丹空港でトラブル(毎日新聞)
<俳人協会賞>榎本さん「祭詩」、栗田さん「海光」に(毎日新聞)

<偽造1万円札>仙台の繁華街で8枚見つかる(毎日新聞)

 宮城県警仙台中央署は26日、仙台市の繁華街にある八つの商店の売上金から、偽造された1万円札が1枚ずつ、計8枚見つかったと発表した。大きさは本物とほぼ同じだが、すかしがなく、全体的に赤みがかっているという。同署は偽造通貨行使事件として捜査している。

 同署によると、26日午前、複数の銀行支店から偽造1万円札を発見したと通報があった。偽札は隣接している同市青葉区国分町と一番町にある酒屋や菓子屋など八つの商店から同日、支店に持ち込まれた売上金に含まれていた。

 同じ地域で見つかったことなどから、同署は同一犯やグループがかかわっている可能性が高いとみている。【須藤唯哉】

【関連ニュース】
通貨偽造容疑:偽1万円札66枚印刷 男2人再逮捕 愛知
偽札使用容疑:中学生2人逮捕 コピー機で複写 大阪
偽札:使用容疑で中学生2人逮捕--大阪
裁判員裁判:通貨偽造などで猶予判決の男性、裁判員の言葉胸に再出発 /岐阜
4府県の偽1万円札使用:2被告、偽造容疑で再逮捕--合同捜査本部 /静岡

教え子暴行、元スケートコーチに懲役7年判決(読売新聞)
<八王子夢街道駅伝>応援はハンカチふって エコ配慮(毎日新聞)
auでシステム障害、店頭手続きがストップ(読売新聞)
<DV>「防止法拡充を」被害者が福島担当相に要望(毎日新聞)
<雑記帳>飼い犬に「犬の住民票」を発行 東京・板橋(毎日新聞)

毎日新聞社員を現行犯逮捕=羽田空港で暴行容疑-警視庁(時事通信)

 羽田空港で保安検査員を殴ったとして、警視庁東京空港署は25日、暴行容疑で、埼玉県新座市野火止、毎日新聞社社員鈴木秀明容疑者(53)を現行犯逮捕した。
 同署によると、容疑を認め、「飛行機に乗り遅れたので保安区域に入りたかった」と話している。
 逮捕容疑は同日午後5時25分ごろ、羽田空港第2ターミナル2階出発ロビーの保安区域で、検査員の男性(26)の顔を平手で1回殴った疑い。
 同署によると、飛行機の搭乗時間が過ぎ、入場を断られたのに搭乗ゲートがある同区域に侵入。検査員や駆け付けた同署員が注意し、交番への同行を求めたところ、暴行したという。
 毎日新聞社によると、同容疑者は1974年に入社。制作技術局に勤務しているという。
 同社社長室広報担当の話 社員が逮捕されたことは誠に遺憾。事実関係を確認の上、厳正に対処する。 

【関連ニュース】
羽田空港、管制システムダウン=欠航など50便以上に影響
広い範囲で強風、積雪=低気圧接近、交通に影響
北海道と日本海側、大荒れ続く=低気圧停滞、交通に影響
日本海側中心に暴風、大雪=東北に低気圧、交通に影響
日本海側、2日も大雪=北海道は朝まで強風

ミスさっぽろ 女子大生と会社員、2人に決まる(毎日新聞)
高血圧症予防を目指し「塩を減らそうプロジェクト」が発足(医療介護CBニュース)
大雪で北海道の8会場で試験繰り下げ センター試験(産経新聞)
神社撤去 最高裁、過去の基準は「目的効果」(産経新聞)
<食中毒>餅つき会で園児ら154人 東京・杉並(毎日新聞)

彬子さま 皇族2人目の博士号を取得(毎日新聞)

 宮内庁は22日、寛仁(ともひと)親王殿下の長女彬子(あきこ)さま(28)が哲学博士の学位を取得したと発表した。皇族の博士号取得は、秋篠宮さまの理学博士に次いで2人目。

 同庁によると、彬子さまは19日に英オックスフォード大マートン・カレッジで博士号の口頭試験を受けていた。博士論文の趣旨は「19世紀から20世紀にかけての大英博物館での日本美術収集と展示の事例から、英国人の日本美術観がどのように変化していったかを明らかにした」という。

 また、彬子さまが同大の留学を終えて31日に帰国することが、22日の閣議で報告された。彬子さまは04年10月から5年4カ月間、留学していた。

<民主党大会>異様な緊張感 小沢氏批判できない現状凝縮(毎日新聞)
「国民の理解得る」小沢幹事長、民主幹部に(読売新聞)
石川議員逮捕 土地購入原資「小沢氏が相続の金」(毎日新聞)
小沢氏「政治とカネ」つきまとう議員人生(読売新聞)
小沢幹事長は「戦いに専念」、幹事長職務代行は輿石氏に(レスポンス)

<陸山会土地購入>「小沢氏に調達相談」 石川議員供述(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で逮捕された同党衆院議員、石川知裕容疑者(36)が東京地検特捜部の調べに「土地を買う金は、かき集めれば何とかなるが、陸山会の運転資金が空になるため、小沢氏に相談し4億円を借りた」と供述していることが分かった。その際、石川議員は小沢氏の公設第1秘書、大久保隆規容疑者(48)=同法違反容疑で逮捕=と相談したという。

 問題となった土地購入に小沢氏が深くかかわっていたことが改めて浮かんだ。

 関係者によると、石川議員は04年秋、大久保秘書から「土地購入に4億円かかるが、陸山会などで資金を調達できるか」と問われ「かき集めれば何とかなるが、運転資金が空になってしまう」と返答。このため2人は「小沢先生に相談してみよう」との意見で一致し、小沢氏から手持ち資金4億円を借りることになったという。

 これまでの特捜部の調べなどによると、陸山会では秘書の寮を建てるための土地を、東京都世田谷区の小沢氏宅近くで大久保秘書が探し出し、小沢氏が散歩中に確認したうえで購入を指示。その後の会計処理を石川議員が担当した。

 石川議員は小沢氏から受領した4億円を土地購入(代金約3億5200万円)に充てながら、こうした事実を陸山会の04年の政治資金収支報告書に記載しなかった。一方で、同じ時期に三つの政治団体から移した約1億8000万円と陸山会の資金を合わせて4億円の定期預金を組み、これを担保に小沢氏名義で金融機関から同額を借り入れ、これを小沢氏からの借入金として同年の収支報告書に記載している。

 この時期には中堅ゼネコン「水谷建設」元幹部らが胆沢(いさわ)ダムの下請け工事受注の謝礼として石川議員に5000万円を渡したと供述しており、特捜部は複雑な会計処理をした理由や、土地購入費に水谷建設からの提供資金が含まれていないか、石川議員を追及している模様だ。

【関連ニュース】
<写真で見る>小沢氏側近の石川議員逮捕 政界に激震
陸山会土地購入:中堅ゼネコン2社を家宅捜索 東京地検
陸山会土地購入:引き出しは3億円 石川議員供述と差
陸山会土地購入:小沢氏が聴取応諾へ
陸山会土地購入:胆沢ダム受注「小沢氏側が謝礼要求」

「ガンブラー」被害拡大 OSを常に最新の状態に ユーザーも自己管理必要(産経新聞)
小沢氏「検察と戦う」、首相「戦ってください」 異常事態、批判に同調(産経新聞)
ゆるキャラ関西チーム、香港へ海外遠征(産経新聞)
<脳>運動で若返る マウス実験で証明(毎日新聞)
水谷建設幹部の名刺押収=石川議員事務所から-「裏献金手渡し役」・東京地検(時事通信)

プログラム不具合が原因=羽田空港の管制システム障害(時事通信)

 羽田空港の管制システム障害で200便以上に影響が出たトラブルで、国土交通省は15日、成田空港とのターミナルレーダー管制一元化で新たに導入したプログラムの不具合が原因だったことを明らかにした。
 国交省によると、不具合があったのは、気象情報をシステムに入力するプログラム。本来の場所ではなく、航空機の位置情報などを入力する部分にデータを送ってしまうプログラムミスがあり、システムの負荷が大きくなって画面上に航空機情報が表示されるのが遅くなったとみられる。 

ブログやツイッター「検察に批判的」 ジャーナリストがいうのは本当か(J-CASTニュース)
<強風>屋上タンク落下、薬品飛び散り3人けが 東京・上野(毎日新聞)
ドラマ「神戸新聞の7日間」、関西の視聴率19・3%(産経新聞)
室内物色、気づかれ殺害か…59歳男再逮捕(読売新聞)
北海道・根室で震度3(時事通信)

「コンクリから人」不適切…土木学会など批判(読売新聞)

 土木学会など建設関係の学者・専門家らでつくる4団体の代表者が19日、鳩山政権の「コンクリートから人へ」というスローガンを批判し、災害に強い社会基盤整備を求める緊急提言を発表した。

 「コンクリートに不適切なイメージを形成し、人材育成にも悪影響がある」と指摘した。

 日本学術会議土木工学・建築学委員会の浜田政則委員長(早稲田大教授)は「乱暴で不当な標語だ」と話している。

外国人介護士、受け入れ拡充を=技術者の定住促進も提言-法相懇談会(時事通信)
<人事>総務次官に岡本氏就任(毎日新聞)
党首討論開催、与党判断に委ねる…官房長官(読売新聞)
震災翌日生まれの15歳 伯母の愛に包まれて(産経新聞)
ほかの政治家への献金、証言避ける元西松部長「ここで申し上げる訳には…」(産経新聞)

東京・江戸川区の郵便局に強盗、500万奪う(読売新聞)

 18日午前10時頃、東京都江戸川区中葛西1、「江戸川中葛西一郵便局」に男が押し入り、女性局員(44)を「動くな。金を出せ」と脅した。女性が抵抗したため、男は別の男性局員(41)に刃物を突きつけ、現金約500万円を奪って逃走した。

 局員らにけがはなかった。警視庁葛西署で強盗事件として調べている。

 発表によると、男は50歳ぐらいで、身長約1メートル60。緑色ジャンパー、白のズボン姿で目出し帽の上から白いマスクをしていた。

 同区では今月7日午前、別の郵便局に50歳ぐらいの男が押し入る強盗未遂事件が起きており、同署で関連を調べている。

「水谷建設から接待」 大久保容疑者 1億円受領は否定(産経新聞)
「派遣村」の継続 市民団体が要望(産経新聞)
未成年の患者が半数下回る―新型インフルで感染研推計(医療介護CBニュース)
<輿石参院議員会長>「政権公約実現、国民に対する使命」(毎日新聞)
「他人のカネだから?」「まあ…」思わず相づち打った元西松部長(産経新聞)

ジャンプ台の設計偽装、元社長ら2人逮捕(読売新聞)

 札幌市のスキージャンプ台設計会社「インターナショナル・テクニカルコーポレーション」(倒産)が、全日本スキー連盟(SAJ)からジャンプ台工事の設計を受注したように見せかけ、同市内の金融機関から計2億円近くをだまし取った疑いが持たれている問題で、札幌南署は13日、同社の元社長で保険代理業堀田博行(59)(札幌市東区伏古1の4)、同社元会長で無職裴弘一(64)(同市南区真駒内上町5)の両容疑者を詐欺や有印公文書偽造・同行使などの疑いで逮捕した。

 発表では、2人は共謀し、2005年11月頃、青森県内のジャンプ台を巡る架空の改修工事をでっち上げ、同県がSAJに発注したとする土木設計業務委託契約書と、SAJがイン社に業務委託したとする契約書をそれぞれ偽造。

 同月、札幌市北区の札幌信用金庫幌北支店に書類の写しを提出し、3千数百万円を融資させ、だまし取った疑い。

 2人はこのほかにも、札幌市内のみずほ銀行や北洋銀行からも、同様の手口で1億数千万円をだまし取った疑いがあり、道警で余罪を調べている。

龍馬とサンゴ“合体”これぞ高知と地元名工(読売新聞)
橋下知事「首長や議員と新しい政治グループ」 数人が賛同(産経新聞)
<人事>財務省(毎日新聞)
自衛隊輸送機の活用も=ハイチ支援で北沢防衛相(時事通信)
捜索2日目、手掛かりなし=10人乗り漁船遭難-五島列島沖(時事通信)
プロフィール

とむらやすさん

Author:とむらやすさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。